1. TOP
  2. hba1c ngspとは?基準値はどれくらい?jdsの違いを分かりやすく解説

hba1c ngspとは?基準値はどれくらい?jdsの違いを分かりやすく解説

健康診断の血液検査の項目には、「HbA1c」という項目の検査結果があります。
このHbA1cの値について、なんとなく数字は見ても特に気に留めなかったり、スルーしてしまったりする方も多いと思います。

ですが、このHbA1cの値は、空腹時血糖の値と併せて確認することで、糖尿病の可能性が高いか低いかということを判断できる材料となるものなのです。

糖尿病の可能性があると判断される基準値はどの程度なのか、そして、NGSP値・JDS値とは何なのかについて、わかりやすくご説明していきたいと思います。

 

「HbA1c」って何なの?

まず、HbA1cとは一体何なのかということについて、ご説明していきます。

HbA1cは、「ヘモグロビンエーワンシー」と読み、血液(赤血球)の中に存在しているヘモグロビンの中で、糖と結合しているヘモグロビンがどの程度あるのか、ということを表している数値です。

普段から血糖値が高い方の場合、この数値も高くなりやすく、逆に普段から血糖値が低い方の場合、この数値は低くなりやすいものです。
過去1ヶ月から2ヶ月の間の血糖値の平均値が分かります。

 

HbA1cの値がどうなっていたら糖尿病なの?

一体、HbA1cの値がどのくらいになっていたら、糖尿病だと診断されるのでしょうか。

糖尿病の可能性については、空腹時血糖値とHbA1cの両方の結果をあわせて判断されるのですが、ここでは大体の目安としてチェックしていきたいと思います。

 

HbA1cの基準値は?

HbA1cの基準値(NGSP値)は、以下のようになっています。

正常型 ~5.9%
境界型 6.0~6.4%
糖尿病型 6.5%~

 

HbA1cの値が5.9%までの数値となっていた方の場合には、糖尿病の疑いはかなり低くなります。
そして、6.0~6.4%の数値となっていた方の場合、健康な状態と糖尿病の状態の間であることがわかります。

これはつまり、糖尿病のラインに足を片方踏み入れている状態かもしれないといういことですので、医師から糖尿病と診断されずとも、油断はできません。

HbA1cの数値が6.5%以上となっていた方の場合には、糖尿病の疑いがかなり高いと言えます。
もちろんHbA1cの値だけでは判断できないのですが、目安として捉えることはできます。

 

空腹時血糖値・HbA1c・食後血糖値の3つでチェック!
あなたの血糖値の値は大丈夫?どこからが危険なの?

 

空腹時血糖値との違い

空腹時血糖値もHbA1cと同じく血液検査の結果で判明する数値ですが、両者には少し違いがあります。

調べる内容 分かること
空腹時血糖値 血液中の糖の量を調べる 血液検査をした時点の空腹時の血糖値の量が分かる
HbA1c 血液中のヘモグロビンのうち、糖と結合しているものの割合を調べる 過去1ヶ月~2ヶ月の血糖値の平均値が分かる

空腹時血糖値はその血液検査を行った時点の血糖値しかわかりません。
ですが、HbA1cは、過去1ヶ月から2ヶ月の間の血糖値の平均が分かるようになっています

そのため、空腹時血糖値とHbA1cの両方の検査結果で、糖尿病の可能性を判断することが望ましいのです。

糖尿病の疑いがある方が定期的な検査を受ける前、「医師に怒られるから前日だけ血糖値管理に気をつけよう・・・」と思い、気を遣ったとします。

そうすると、空腹時血糖値は正常値に近づくかもしれませんが、HbA1cは前日のことは関係なく過去1ヶ月~2ヶ月の平均値が出ますので、この時点で医師にはバレてしまいます。

また、”前回の検査よりも血糖値が下がっていたけれど、HbA1cの値は上がっていた”という場合、その日たまたま血糖値が安定していただけで、糖尿病自体は悪化している可能性があるということも分かります。

 

JDS値とNGSP値の違いって何なの?

先程、HbA1cの基準値についてご説明させていただいた際に、”(NGSP値)”と書かせていただきました。

このNGSP値、一体どのようなものかご存知ですか?
少し前までは、”JDS値”と記載されていたものなのですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

ここからは、JDS値とNGSP値の違いについてご説明していきたいと思います。

 

NGSP値は、HbA1cの新しい表記方法

簡単に言ってしまえば、NGSP値とは、日本での”HbA1cの新しい表記方法”です。

2013年の3月までは、健康診断の結果に表記されるHbA1cの表記方法は、「JDS値」という日本独自の表記方法となっていました。

ですが、2012年4月からは、国際的に使用されている表記方法にしよう!ということで、医療機関においてNGSP値という表記方法を採用することになりました。

2013年4月からは、健康診断結果のHbA1cも、NGSP値での表記となっています。

 

どうしてJDS値のままじゃダメだったの?

ではどうして今まで使用されていた、日本独自のJDS値のままではいけなかったのでしょうか。

それは、日本独自の表記方法であるHbA1cのJDS値は、国際的な表記方法であるHbA1cのNGSP値よりも、0.4%低くなっていたためです。

ここには以下のような大きな問題がありました。

  • 臨床現場などで検査値を巡っての混乱が起きる可能性があること
  • 日本以外のほとんどの国ではNGSPが採用されていて、事実上世界標準となっていること
  • 日本独自のJDS値は、NGSP値と比べると約0.4%低い値となっていること
  • ネット上や現場などでデータへの不信や誤った印象を与える可能性があること

 

具体的にはこのような点が問題視され、HbA1cを測る時の測定条件設定・表記方法を、世界的な基準であるNGSP値へと変えることになりました。

2010年7月頃からは、論文や発表などに用いられるHbA1cの値には、JDS値に0.4%を加えた数値を使用しはじめたのですが、日常的な診察などの中でNGSP値を採用するということに関しては、時間がかかっていました。

その後に様々な協議が行われ、2012年4月より、世界基準となっているNGSP値の使用が、日本でも開始されたのです。

 

表記方法変更による素朴な疑問

ここでいくつか疑問に感じる点がでてきた方もおられるかと思います。
考えられるいくつかの疑問点に関して、それぞれ見ていきましょう。

Q.HbA1cの数値が0.4%高くなるということは、糖尿病と診断されやすくなるということですか?
A.そうではありません。診断の基準値も0.4%高くなるため、今までと変わりません。

 

Q.JDS値からNGSP値に変わり、検査費用にも違いがでてくるのですか?
A.検査費用に関しては、特に変更はありません。あくまでも、測定条件設定・表記方法が変更となるだけです。

 

Q.変更前のデータを見る時はどうすればいいのですか?
A.今までのデータを見る場合、JDS値に0.4を足すことで、NGSP値に換算することができます。

 

*JDS値をNGSP値に換算することは可能ですが、見方を間違えないようにするためにも、医師に相談してみることをおすすめします。

 

まとめ

HbA1cの基準値について、そしてJDS値とNGSP値の違いについてご説明してきました。

HbA1cの値を確認した時、大体どのくらいで糖尿病の可能性が出てくるのか、ということも、お分かりいただけたかと思います。

医師からは何も言われずとも、自分が大体どのくらいの健康状態であるのかということを把握するため、このような知識は不可欠となります。

糖尿病の兆候を早めに発見できるようにするためにも、健康診断はしっかり受けておきたいものです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

【糖尿病の私を救った】最新の血糖値を下げるサプリランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【糖尿病の私を救った】最新の血糖値を下げるサプリランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 血糖値が高くなる原因とは?インスリンの作用について

  • 日本人の糖尿病の割合は?95%以上が2型?

  • 糖尿病などの高血糖の治療は?現在の治療と恐ろしい合併症の話

  • 血糖値を下げるために必要な食事法と食べ物とは?

  • 血糖値を自宅で自分の指で測る方法を詳しく紹介!

  • 難消化性デキストリンは血糖値を下げる効果はあるの? 副作用は大丈夫?